50代、乾燥肌におすすめの基礎化粧品!ハリ・ツヤ肌のためのスキンケア

50代のための基礎化粧品

多くの女性が「肌が乾燥しやすくなった」と感じる50代

40代のころには感じたことがないほどの肌の乾燥は、肌の奥から”いつも”乾いている感じに悩むようになります。

しかも、乾燥する肌をそのままにしておくと

  • 肌のたるみ
  • くすみ
  • シワ
  • ハリ不足

このような肌年齢を一気に上げてしまう原因にもなっているのです。

そんな50代の乾燥しやすい肌の原因とスキンケア方法をご紹介します。

50代、乾燥しやすい肌が使いたい高保湿成分のタイプ

50代、スキンケアの選び方

今までの基礎化粧品で肌の乾燥が止まらないなら、年齢肌の悩みにあったスキンケアを探さなくてはいけません。

乾燥肌が気になりだしたら、次の2種類の保湿成分にぜひ注目してスキンケアを選んでください。

水分をしっかりはさみ込むタイプの保湿成分

  • セラミド
  • レシチン
  • スフィンゴ脂質

水分をはさみこみ、しっかりと水分をキープする働きをする性質を持つ保湿成分

セラミドは原料が比較的高価なため、セラミドの配合量によってお値段に差が出ることがあります。

水分を抱え込むタイプの保湿成分

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • ヘパリン類似物質)

セラミドなどの水分を抱えこむタイプの保湿成分よりも水分保持力は弱くなりますが、角層内の保湿成分として働き、水分を抱え混んでキープしてくれます。

50代の乾燥肌に一番おすすめの成分はセラミド!

50代ハリ肌に満足した女性

この中で一番注目したいのが、湿度が下がっても水分をガッチリ逃がさないほど強力で「最強の保湿成分」と言われているセラミドです。

もともと肌に存在しているセラミドですが、こちらも加齢とともに減少をはじめ50代では20代の半分にまで減少してしまいます。

50代の乾燥しがちな肌には、この水分をガッチリはさみ込むセラミドの力が必要になってきますが、セラミドにも様々なタイプと種類があります。

セラミドのタイプと肌への効果

セラミド1 水分保持・外部からの刺激を防ぎ肌を守る機能
セラミド2 皮膚の保湿力が強く、バリア機能を高める
セラミド3 水分を保持し、シワを抑制・減少させる
セラミド4・5 角質の脂質バリア層をつくり・保持する
セラミド6・6Ⅱ 水分を保持し、正常な肌のターンオーバーを促す
セラミド7 細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整える

この中で肌に一番多いのがセラミド2、加齢によって減少するのがセラミド3と6です。

アトピー性皮膚炎で悩む方は、セラミド1が極端に少ないことがわかっています。

「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」が、現在販売されているスキンケアには、多く配合されています。

セラミドの種類

最近では数多くのセラミド配合の化粧品が販売されていますが、化粧品成分のセラミドには様々な種類があります。

よく耳にするのは、この4種類です。

ヒト型セラミド

ヒトの肌に存在するセラミドに近い構造になるように、酵母を利用して生成された合成セラミド

ヒトのセラミドに近いので、刺激が少なく保湿力に優れています。

表示名 セラミドEOP(旧表示セラミド1)

セラミドNGまたはセラミドNS(旧表示セラミド2)

セラミドNP(旧表示セラミド3)

セラミドAP(旧表示セラミド6Ⅱ)

天然セラミド

馬などの動物から抽出される動物由来のセラミド

セラミド1~7すべてを含み、人間の角質細胞間脂質と近く、肌に浸透しやすく保湿力に優れています。

表示名 ビオセラミド・セレブロシド・ウマスフィンゴ脂質

植物性セラミド

コメ、トウモロコシ、大豆、コンニャクなどから抽出された植物由来のセラミド

植物性由来のため、ヒトの肌にあるセラミドと構造が微妙に違うため親和性が低くなる。

表示名 植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質

合成セラミド

セラミドに類似した成分を化学的に合成したもの

安価で大量生産ができるが、ヒト型セラミドや天然セラミドと比べると保湿効果は劣ります。

表示名 セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド

50代の乾燥肌はヒト型セラミド・天然セラミドで保湿する

セラミド配合のスキンケア、どれをえらんだらいいのか迷ったら、まずはヒト型セラミド、つぎに天然セラミドを選んでください。

また、セラミド配合の化粧品は比較的高価なものが多く、価格が3,000円以下のものは、配合量がかなり少ない場合もあるので、購入の際には注意が必要です。

50代の乾燥肌はライスパワーNo.11でセラミドの生成を助けてあげる

50代、潤いを取り戻す肌

肌本来が持っているセラミドは、加齢や外的要因によって減少し、それによって角層の水分量も減ってしまいます。

年齢を重ねた肌が乾燥しやすいのは、セラミドが減少した肌が水分を保つ機能が弱くなるからです。

肌の乾燥を止め、潤い肌をとりもどすためには、セラミドが配合されたスキンケアでのお手入れは、とっても有効な方法です。

でも、いくら外からセラミドを補ってあげても、肌本来が持つセラミドの力を改善することはできません。

肌を根本から改善するために生まれたのが、ライスパワーNo.11という成分です。

肌にあるセラミドの生成を助け、肌の内側から保水力を高めてくれるライスパワーNo.11なら、バリア機能を改善し水分を増やして保てる肌に導いてくれます。

肌のセラミドを増やす働きを持つライスパワーNo.11は、セラミドが減少し乾燥肌に悩む50代の肌には救世主のような美容成分です。

50代の乾燥肌におすすめの基礎化粧品ランキング

皮脂の分泌量が減り、潤いを保つ力が弱くなってきた50代の肌には

  • 水分をしっかりとキープする保湿成分
  • 水分を抱え込むタイプの保湿成分
  • セラミドの生成を高めてくれるライスパワーNo.11

これらが配合されているものを選んで使ってください。

乾燥に悩む50代の肌を、しっかり潤してくれる基礎化粧品を3点ご紹介します。

ライースリペア

国産100%のお米から作られたライスパワーNo.11は、皮膚水分保持能を改善できる成分として《世界で唯一》認められた 医薬部外品有効成分

肌内部の基底層まで浸透し、肌にもともとあるセラミドの生成力を高め、肌の奥から潤いを高めてくれるスキンケアです。

有効成分 ライスパワーNo.11
医薬部外品
通常価格 インナーモイスチャーローションNo.11/8,000円
インナーモイスチャーエッセンスNo.11/10,000円
インナーモイスチャークリームNo.11/8,000円
トライアルキット 約10日分/1,750円
ライースリペア実感セット インナーモイスチャーローションNo.11・約一か月分

トライルキット
定期購入 10%OFF/解約はいつでも自由
販売店 三越店舗/勇信酒造本社・公式オンラインショップ
お得なトライアルキットは公式サイトのみ
化粧水・美容液・クリーム、共通して浸透がよくて一切ベタつきが残らず、使い心地、仕上がりがパーフェクト
ローションとクリームを現品購入し、美容液はサンプルを試しましたが、とにかくローションがダントツに良い!肌をほぐすように、じわんと浸透します!
乾燥やエイジングだけをケアするというよりも、使い続けていくと肌が元気に健康になる感じ。肌本来の力が蘇り、バリア機能が高まり、納得できる肌状態に仕上がるなっと感じました。

セラミドを増やして肌本来の潤いを取り戻す!/

ブライトエイジ

製薬会社が開発した薬用成分トラネキサム酸を配合

年齢肌の炎症にアプローチしながら、美白・高保湿に必要な美容成分を角質層まで届ける

製薬会社独自の3Dストレッチネットで、うるおいを閉じ込め、肌表面を引き締めてくれます。

セラミドのタイプ セラミド2・セラミド3・セラミド6II
医薬部外品
通常価格 ミルククレンジング/3,000円
クリアクリーミーウォッシュ/3,000円
リフトホワイトローション/5,000円
リフトホワイトパーフェクション/8,000円
トライアルキット 10日分/1,400円
定期購入 化粧水と乳液状美容液2点セット
初回から定期購入には特典あり
約1.5ヵ月分が2,980円でお試しでき、30日間全額保証あり
いつでも解約・休止可能</span
販売店 公式サイトのみ
使用直後はもちろんのこと、翌朝までしっとりもちもちのお肌に!トライアルセットだけでも充分手ごたえを感じました。
すごい良かった!すぐにでも欲しい。ぜーったい4点セット買います。
トライアルキットを十日間ほど使い、すごくよかったのでクレンジング以外現品購入しました。皮膚が薄くテカテカしていたのですが、初めてそれが改善しました

\美白・ハリ・うるおい3つを一緒に体験してみる/

アスタリフトベーシック

アスタリフトベーシックは保湿に注目したいスキンケア。

富士フィルムの技術から生まれた3種のコラーゲンと浸透技術、そして、2種類のセラミドの力で、しっかりと水分を抱え込み肌に潤いをキープ。

また、美肌成分アスタキサンチンの配合で、ぷるんとした肌のハリも期待できます。

セラミドのタイプ セラミド1・セラミド3・セラミド6II
通常価格 ジェリーアクアリスタ/9,720円
モイストローション/4,104円
エッセンスデスティニー/6,480円
クリーム/5,400円
ベーシックトライアルキット 5日分/1,000円
定期購入 定期コースは10%から割引
いつでも休止・解約可能
販売店 楽天ではトライアルキットの購入が可能
直営店・ドラッグストアでは販売されていません。
公式サイトからトライアルキットを購入した後に
定期購入を始めた場合には、お得な割引が適用される
ライン使いするようになりかなり調子がいいです。肌を触ると柔らかくなったような気がします。使い心地がとてもいいです。
アスタリフトの7日間お試し用をまず購入して使ってみたら、嘘みたいに肌が安定してきました。値段を考えるとすごく悩みましたが、このままずっと使い続けようと思います。
浸透が速いインナードライに悩む私は「保湿命」ですが、化粧水だけでここまで納得できるものには中々出会えません。夏はこれだけでもかなりしっとりします

\素早く肌がうるおう贅沢な体験してみる/

50代、乾燥肌を改善しないと肌の老化が加速する3つの原因

40代から徐々に感じている肌の変化

そのなかでも乾燥肌の悩みは、50代になるとより深刻なものとなります。

なぜ、50代になるとこんなにも肌の状態が悪化してしまうのでしょうか?

50代は女性ホルモンが激減することで肌にうるおいがなくなり肌の乾燥が止まらなくなる

50代スキンケアに悩む女性

女性ホルモンのエストロゲンには、ヒアルロン酸や、エラスチン・コラーゲンの分泌を促すは働きがあります。

肌のうるおいを保つために必要なエストロゲンは、40代後半から急激に減少していくことで、真皮層のコラーゲンも減少していきます。

とくに閉経が近くなった50代では、40代のころよりもエストロゲンがさらに減少してしまうため、肌の乾燥も加速していきます。

50代は成長ホルモンの減少も乾燥肌の原因

50代の肌の悩みは、女性ホルモンの減少ばかりではありません。

もう一つ、成長ホルモンの減少も影響しています。

成長ホルモンは身長を伸ばすだけではなく、コラーゲンの産生や肌の新陳代謝にも大切な役割を持っています。

ただ、この成長ホルモンも40代になるころには急激に減少していくため、肌の老化が進行し、乾燥肌が悪化してしまう原因となっていきます。

50代はターンオーバーの低下による保湿因子の減少も乾燥肌の原因

肌のうるおいは、皮脂・NMF(天然保湿因子)・細胞間脂質という3つの保湿因子で常に一定に保たれています。

ところが、加齢によって新陳代謝が衰えてくるとターンオーバーが遅くなり、うまく作ることができなくなります。

また、NMFは加齢により徐々に減少してしまうため、50代になると肌にうるおいを保つことが難しくなってしまうのです。

50代の肌、今までの基礎化粧品よりも保湿力が高いものを選ぶ

50代、肌の乾燥が気になる女性

去年まで、いえ、先月まで肌を潤してくれていたスキンケア、急に肌に合わなくなって困っていませんか?

なんとなく、今までよりも保湿力が物足りなくなっていませんか?

若い頃なら、よく眠り、ちょっとだけスペシャルなお手入れをしてあげれば、数日から半月ほどで肌の潤いを取り戻すことができました。

でも、50代の乾燥肌は、今までと同じようにお手入れをしても、なかなか潤いを実感するのが難しく

  • お手入れを頑張っても肌が潤わない
  • 朝、起きると肌がつっぱてる
  • 目元、口元が白く粉を吹いている
  • ほうれい線や、肌のたるみがひどくなった
  • シミが目立つようになった

このいった肌トラブルに悩む日が多くなってしまいます。

50代の肌の悩みを解決するためには、まずは「乾燥しやすい肌を、潤し守ってあげる」ことが最優先です

50代の乾燥肌は、スキンケアだけでは肌の潤いを取り戻せない

50代の肌をすっぴん美人にsる方法

肌の老化を加速させてしまう乾燥肌

そのままにしておくと、肌のターンオーバーはさらに乱れ、肌のくすみ・シミ・シワ・たるみが深刻になり、見た目が一気に老け込んでしまいます。

肌の乾燥を改善させることが、-5歳肌を目指すためには一番大事なポイント!

そのためには、次の3つがとっても大切です!

50代の乾燥肌対策には生活習慣を見直すことが大切

  1. 規則正しい睡眠で成長ホルモンを促す
  2. 無理なダイエットはしない
  3. 喫煙は肌の老化を加速させるので禁煙をする
  4. 紫外線は浴びすぎないようにする
  5. ストレスをため込まないようにする

まずは生活習慣を見直し、体の内側と外側で肌を守ることをしましょう

50代の乾燥肌の改善にタンパク質をしっかり摂ろう!

50代になって、以前よりも食事の量が減った!

急に太ってきて、ダイエットを頑張っている!

じつは、これも肌の乾燥を加速させている原因です。

肌の潤いを守る天然保湿因子(NMF)は、身体の中では作ることができず、毎日の食事でしっかり摂ることが必要です。

約40%がアミノ酸で作られている天然保湿因子(NMF)を不足させないためには、アミノ酸を豊富に含む良質なタンパク質をしっかる摂る必要があります。

また、タンパク質はコラーゲンの材料にもなるため、不足してしまうと肌のハリやつやを失う原因にもなります。

肉・魚・卵・大豆・乳製品などには良質なたんぱく質が豊富に含まれますが、効率よく摂るには、肉や魚などタンパク質の含有量が多いものがおすすめです。

カロリーが気になる、食が細いなどで、タンパク質の摂取量がどうしても少なくなる時には、コラーゲンペプチドでアミノ酸を摂取するのがおすすめです。

50代の乾燥肌は美白対策よりも基礎化粧品の保湿成分に重点を置く

50代は、女性ホルモンの減少による皮脂の分泌量の低下によって、肌から潤いが蒸発しやすい状態になっています。

そのため、化粧水でいくら水分を補っても、水分が蒸発してしまい肌の乾燥がなかなか改善されません。

この悩みを解決するためには、肌の水分量を高め、不足する保湿因子や細胞間脂質を補うためのスキンケアが必要になってきます。

50代の肌は、ただ潤すだけでは肌の奥の乾燥をストップさせることができません。

  1. コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分で、水分を抱え込みキープ
  2. セラミドなどの保湿成分で、ガッチリと水分をはさみ込んで逃がさずキープ

この2つが乾燥肌対策には大切なポイントです。

数年前とは全く違う50代の乾燥肌、うるおいのある肌になるためには、保湿力がしっかりあるスキンケアでの対策が必要です。

50代の乾燥肌に潤いを早く実感できるのは医薬部外品と化粧品どっち?

50代の乾燥肌に合うスキンケア

医薬部外品と書かれている薬用化粧品と、普通の化粧品

あなたは、基礎化粧品を選ぶとき迷ったことありませんか?

50代になると、肌の乾燥・たるみ・しわ・シミの悩みを少しでも軽くしたいとき、つい手に取ってしまうのが医薬部外品のスキンケアです。

コスメカウンターで肌の相談をすると「こちらのほうがいいですよ」と、医薬部外品のスキンケアをすすめられた経験をした方もいるでしょう。

なんとなく普通の基礎化粧品より、医薬部外品のほうが肌の悩みに早く応えてくれそうと判断して、使ってみた方もいるでしょう。

でも、その選び方は本当に”あなた”の肌に合っているのでしょうか?

50代の乾燥肌、医薬部外品と化粧品、肌の悩みに合わせて選べばOK

結論から言えば、50代の肌のお手入れには「どちらでもOK」なんです。

たとえ、乾燥肌や敏感肌で悩んでいても肌にトラブルがなければ、どちらを選んで使っても問題はありません。

シミ・小じわに悩んでいても、普通の化粧品でなにも問題はありません。

使ってみて自分の肌の悩みを解決してくれるスキンケアであれば、どちらでも実際にはいいんです。

ただ、シミやシワ、ニキビなど、自分がスキンケアに求めるものがハッキリしている場合には、医薬部外品と書かれた薬用化粧品のほうが選びやすいといえます。

そのため、コスメカウンターで肌の悩みを相談すると、医薬部外品の化粧品をすすめてくることが多いはずです。

医薬部外品の化粧品と普通の化粧品の違い

50代のスキンケア

では、医薬部外品と、化粧品は何が違うのでしょうか?

この違いがわかれば、新しく基礎化粧品を購入するときの参考になるかと思います。

一般的にスキンケア用品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」この3つに分類されます。

医薬品とは

医薬品は治療を目的としたもので、医師の処方箋を必要とするものや、薬剤師・登録販売者のいる薬局やドラッグストアで販売されているものです。

保湿効果が高く、万能コスメとして有名な白色ワセリンは医薬品ですよ。

医薬部外品(薬用化粧品)とは

医薬部外品とは、厚生労働省が有効性を認めた成分を配合したもの。

効果はあるが医薬品ほどではなく、予防を目的に作られているもので、薬用化粧品は医薬部外品の中の一つです。

「有効成分」が規定量配合され、医薬部外品として認められた化粧品を薬用化粧品とよびます。

化粧品とは

医薬部外品よりも人体への作用が穏やかで、髪や皮膚、爪の手入れや保護に用いられるもの。

医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」などの効能・効果は認可されていません。

50代の乾燥肌が知っておきたい医薬部外品のデメリット

50代、美肌の季節

医薬品と化粧品の中間の位置にいる薬用化粧品

気になる肌の悩みの予防に期待ができますが、購入の際には注意してほしいこともあります

化粧品の定義(第2条第3項)

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう

薬事法でこのように定義されている化粧品とは違い、薬用化粧品は予防のための効果・効能が認められたものです。

効果が高いということは副作用の心配もある

医薬品と違って治療が目的の薬ではないため、肌の悩みを積極的に解決してくれるものではありません。

しかし、薬のように治すことはできないけど、予防効果が期待できるのが医薬部外品です。

私達は医薬部外品と書かれているものに対し、国が認めた物なら安全で安心と考えます。

でも、肌の悩みに対する効果が医薬品>医薬部外品>化粧品の順番であるなら

副作用の順番も医薬品>医薬部外品>化粧品だということを、私たちは知っておかないといけません。

まだ記憶に残る某メーカーの「白斑問題」を起こした成分も、じつは医薬部外品の有効成分として認められたものです。

この問題から考えられるのは、効果が高い医薬部外品は、化粧品よりも副作用の危険性が高くなる可能性を持っているということです。

医薬部外品には全成分表示記載の義務がないため、全成文開示されたものを購入する

化粧品には全成分表示のルールがありますが、医薬部外品は全成分を表示するルールがありません。

肌トラブルに悩む方で、どの成分に自分の肌が弱いのか知っている場合には、パッケージの成分表を見ることでトラブルを避けることができます。

しかし、医薬部外品には、化粧品とは違い全成分表示記載をしなくてもいいため、使う側として分かりにくいといった問題があります。

ただし、最近では消費者の不安を解消するために、医薬部外品でも全成分表示しているものも多くなりました。

化粧品は全成分表示が義務付けられていますが、医薬部外品では全成分表示が義務とはなっていません。ですが、2006年に定められた日本化粧品工業連合会の自主基準に従い全成分を表示しているものもみられます。

参考:国民生活センター

有効成分とその他の成分で、全成分の開示をしているメーカーなら安心です。

薬用化粧品を選ぶときの一つの目安にしてください。

50代の乾燥肌に医薬部外品を継続して使っても大丈夫なの?

スキンケアの保湿力に満足した50代の女性

50代になると、シミや小じわ、たるみなど肌の悩みも深くなるため、効果がハッキリした医薬部外品を継続して使い続けたいとお考えの方も多いでしょう。

そこで気になるのは、効果の高い医薬部外品を使い続けても、大丈夫なのかという問題です。

有効成分の配合されている医薬部外品も、化粧品と同様に継続して使用しても問題ないように処方されていますので、使って肌にトラブルがないなら、使い続けても大丈夫です。

ただし、先ほど書いたように医薬部外品には効果があるからこそ、デメリットもあることを考えると、長期間の使用は裂けておいたほうが良いとも言えます。

私も医薬部外品のスキンケアを愛用していますが、夜だけ医薬部外品にしたり、季節や肌の調子に合わせて、普通の化粧品に変えたりしています。

気になる肌の悩みがハッキリしていたら医薬部外品を使い、肌の悩みが解決したら化粧品で穏やかに肌ケアをしてあげる。

肌本来が持つ力を高めるためには、医薬部外品と化粧品をうまく切り替えてあげることも必要かもしれません。

50代のゆらぎやすい乾燥肌、まずはトライアルセットから試してください

化粧品よりも、肌の悩みの改善に効果を期待できる医薬部外品には、素晴らしい効果がある反面、デメリットもあります。

薬用・医薬部外品と書かれていると、肌に早く効果があるのを期待しますし、肌にトラブルもなく使える!といった間違った解釈をしてしまうこともあります。

一般化粧品は効果・効能を謳えないから、医薬部外品よりも品質が劣るわけではありません。

厚生労働省が認めた有効成分を規定量配合せず、他の成分と組み合わせることで薬用化粧品よりも肌に実感できるものもあります。

今、悩んでいる問題に効果を感じそうな成分が配合されていれば、医薬部外品を選ぶのがいいでしょう。

穏やかに肌を整えていきたいのであれば、化粧品の中で自分の肌に合ったものを使ってみてください。

どちらにしても、自分の肌に合うかどうかは使ってみないとわかりません。

まずはトライアルセットや初回・全額返金保証などがあるもので試してみるとこをおすすめします。

まとめ

50代の肌は、乾燥だけではなく、たるみ・シワ・シミなどの悩みも深くなる年齢です。

美白。たるみケアなどのエイジングケア対策にどうしても目が向いてしまいますが、一番先に改善しないといけないのは肌の乾燥です。

今の肌に必要な保湿成分が配合されたスキンケアで、早くお手入れを始めてあげることが、-5歳肌になるためには大事なポイントになります。

今回ご紹介した3つの基礎化粧品は、すべて保湿効果の高さと年齢肌の悩みに寄り添ったエイジングケア商品です。

なかでも、ライースリペアは肌内部の基底層まで浸透し、肌にもともとあるセラミドの生成力を高め、肌の奥から潤いを高めることで、肌を根本から改善してくれるスキンケアです。

>>>ライースリペアの詳細をもっと見る



肌のうるおいを取り戻すことが、年齢肌の悩みを改善するために一番大切なことです。

あなたの肌の悩みに合った基礎化粧品で、肌本来の力を取り戻してください。